だーっの人間の土台をつくる ねっこ教育 ~ホンモノの教育を求めて~

豊かと思った未来は不安な未来の入り口でした。これからの時代を生きるためのホンモノの教育とは?大人もこどもも何を学ぶべきなのか?ねっこ教育が心豊かな家族のものさしをつくり、こどもの力を伸ばします!

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

鍛造教室

s-400IMG_8214 ブログ


高知の4代続く鍛冶屋トヨクニの濱口誠さんが鍛造教室を開いてくれました!


こんな経験は滅多にできませんので、前日からワクワクして眠れませんでした(笑)


今回は鍛造の簡易版ということで、小刀を作ります。


鋼を熱するための「炭」は地元の木材を炭焼きして作ったもの。
う~ん、やはり自然の恵みを活用させてもらい、一つのモノが出来上がるんですね。


s-400IMG_8169.jpg


熱したものを たたいてたたいてたたいてたたいて 強くします。刃物を鍛えるとはこのことなんですね。


s-400IMG_8243 ブログ


何度も繰り返し、細くしていきます。

この色を見るだけで大人もこどもも大興奮!!!! すげー すげーの言葉しかでません。



s-400IMG_8310.jpg


うちの次男坊もお仕事があります。

炭を細かく砕くこと。

「小さいこどもはできない」と思考停止するのではなく、できることを見つけていく。それが大事。



そしていよいよ 命を吹き込む 「焼き入れ」 の時間。 

緊張感が高まります!!!!!!!!!!!!!!!


s-400IMG_8283 ブログ


すごい迫力!!!!!!!!!!!!!

バチバチと音が鳴り、モノに命が宿っていきます。火が生き物となり鋼を覚醒させていく!!!


s-400IMG_8297 ブログ


最後に熱し、80度~100度のお湯に入れます。→これは鋼の種類によって違うそうです。

お湯の中でも色が変わりません。それだけ熱いということ。

そして五右衛門風呂のたき口にある灰に入れ、ゆっくりと冷ましていきます。


休憩して、濱口さんが砥ぎ方も教えてくれました。

s-400IMG_8322.jpg


見ているとウズウズとしだす周りの人たち。

自分もやってみたくてしょうがいない状態に陥ります(笑)


s-400IMG_8344 ブログ


なんということでしょう!

砥ぐと立派な小刀になりました!

柄の部分は耐久性が高いロープです。万が一の時にはほどき救急用のロープにもなります。

鞘(さや)も手作り!

ちなみにこれは 工房 草來舎 のぎっくの作品です!


メチャクチャ切れます。これで木工もできます。



今回実感したのは、濱口さんの背中の影響力です。


濱口さんのたたずまいを見て、将来は鍛冶師になりたいと言う子もいました。


濱口さんは背中でこどもたちの希望を生み出したのです。


私は今のこどもたちに必要なのは大人の背中だと思っています。

たくさんの人と出会い、仕事を通した背中を見て、なりたい自分を夢見ていく。

そんな教育が必要だと思うのです。


今回の企画でより私の考えは確信に変わりました。


暮らしに必要な道具を作る職人さん。


日本の宝であり、すばらしい教育者です!


だーっ
スポンサーサイト

| だーっのモノサシ | 12:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ナカムラありがとう

悲しい 悲しい 出来事がありました・・・。


私が出張に出ている時に、長男よいちから電話で報告がありました。




「おとーちゃん・・・ナカムラ(ザリガニ)が死んじゃった」




出張中、呆然と立ち尽くす私。

いくらザリガニと言えども、水を替えたり世話をしていたら家族のようになっていました。


涙ぐむ長男よいちの声を聞いていると、私も涙が出てきました。


よいちによると、部屋を閉めっぱなしで外出したので熱中症になったのではないかということ。


なに?? ザリガニって熱中症になんのか? 


それは違うだろうと思っていたら、私に思い当たる節が・・・。


今までのエサはソーセージだったのですが、たまたま昨日はイリコをあげたのです。


もしかしたら、イリコが原因かもしれない。



よいちにそのことを伝え、悲しみに暮れました。



よいちはお墓を作って埋めたとのこと。



生き物を飼うということは、死に直面するということ。


そういえば私も小学生の頃、何十匹もセミをとりカゴに入れてたら次の日に死んでいました。


そんな経験を通して、命を学んでいくのかもしれませんね。


ナカムラ(ザリガニ)ありがとう。



だーっ

| だーっ家のねっこ教育 | 19:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ザリガニの名はナカムラ

IMG_7009_convert_20120910135421.jpg


息子よいちが裏山で竹をとってきて削っています。


何をやっているのでしょうか。


IMG_7043_convert_20120910135514.jpg


じゃじゃ~ん! 池に釣りにきました。 手作りのマイ竿を作っていたのです!


IMG_7039_convert_20120910135646.jpg


浮きがチョンチョンと動き出すと集中力が高まります。


IMG_7051_convert_20120910135719.jpg


小っちゃい魚が釣れました。ブルーギルーですね。


IMG_7014_convert_20120910135612.jpg


次男坊のそうさくも釣れました。いつもの変顔がばっちりと決まっています!


IMG_7062_convert_20120910135755.jpg


次はタコ糸にスルメをつけて・・・。


IMG_7068_convert_20120910135829.jpg


ザリガニをゲット!!! 


IMG_7082_convert_20120910135854.jpg


そうさくが 飼いたい と言うので持って帰ることになりました。保育園のお友達に見せたいとのこと。


ちなみに、ザリガニの名前は ナカムラ になりました。


足がクネクネしていたので、プロレスラーの中邑真輔さんから名前をいただきました。


中邑真輔さんはプロレス技をかける前にクネクネする動作をやります。


それが似ているということで。


IMG_7083_convert_20120910135925.jpg



よいちが水槽を見て絶叫しました。 おと~ちゃ~ん きて~~~


そうさくといっしょに見てみると・・・。



IMG_7085_convert_20120910135958.jpg



なんということでしょう 


ナカムラがブルーギルーを食べていました。


泣き出しそうな そうさく。



しかし、どう言っても これが自然界です。残酷に見えますが、自然のありのままの姿です。


よいち も そうさく もどんなことを感じたのでしょうか。


別に言葉にしなくてもいいんです。今の時期は体験の積み重ねが大事。




~P.S~
もっとも興奮して楽しんでいたのは私だったようです。

遊ぶときは遊ぶ!!!! それもおやじの背中(笑)



だーっ

| だーっ家のねっこ教育 | 14:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

山賊キャンプはきっかけ

「山賊キャンプから帰って来ていつもよりお手伝いをしてくれるようになりました。」

ありがたいことに このようなお言葉をいただけます。



こどもたちはキャンプを体験し、

日々のお母さんやお父さんの苦労がわかったのかもしれません。

また、誰かのためになる喜びを学んだのかもしれません。



こどもたちはキャンプに来て本当に頑張ったと思います。

一人で参加し、不安と戦い、勇気を出して友達を作り、乗り越えていったのです。

慣れない包丁を持って料理もしました。

嫌いな野菜も食べました。食べるとおいしいことに気が付きました。

ふざけ過ぎて大人に怒られたこともあるでしょう。逆にたくさんほめられたこともあるでしょう。

たくさんの体験があり、たくさんの自分の壁を乗り越えていったのです。



そしてお手伝いをするようになった。



こどもからこんなことを聞きます。

「お手伝いしたいけどやらないんだ・・・」



やりたいけど、やらない。


どっちや!! と言いたくなりますが、それが素直な気持ちなんでしょう。



こどもには複雑な気持ちがあります。

喜んでもらいたいけど恥ずかしい。
やろうと思っているけどメンドクサイ。

こんな感じで葛藤しているのです。


だから きっかけがあれば表現しやすい。


こどもたちにとって山賊キャンプはきっかけです。


私たちがキャンプで言っていることはキャンプの学びを私生活に生かすこと。


きっかけを使ってこどもを伸ばしていきましょう!


だーっ

| 家庭でできるねっこ教育 | 17:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

山賊キャンプ終了しました:ありがとうございました!

本日で夏の信州こども山賊キャンプが終了しました。

支えていただきました皆様、本当にありがとうございました!


今年、私は久しぶりにキャンプの長老をやりました。

川遊びは私の得意分野ですので、川のプログラムは気合が入りました。

ココロもカラダも開放して夢中に遊んでほしいと願い、川遊びに臨みました。


自分ができる精一杯の姿をこどもたちに見せていく。


そんなことだけでも学びにつながると信じています。



バスの発着等で尽力くださいましたスタッフの皆様。


暑い中、時間との戦いもあり、その場で判断しなければならない大変な状況もあったと思います。

山賊キャンプ全コースの実施ができたのも、皆様のおかげです。
こどもたちが泰阜に来て、たくさんの体験をして学んでいきました。

私たちとは持ち場が違いますが、いっしょに想いを共有してこどもたちのために活動できたのは幸せです。

お互いが信じているからできることだと思います。

本当にありがとうございました!



こちら泰阜は何だか急に静かになったような気がします。

泰阜の農家さんたちも寂しい気持ちになっていると思います。

アンケートでは、嫌いな野菜が食べられるようになったと書いてありました。

農家さんは喜んでくれると思います。



本当にたくさんの人に支えられていることを実感します。


本当に、本当に ありがとうございました。

この場をお借りして感謝いたします。



佐藤陽平

| 中級のねっこ教育 山賊キャンプ | 18:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。