だーっの人間の土台をつくる ねっこ教育 ~ホンモノの教育を求めて~

豊かと思った未来は不安な未来の入り口でした。これからの時代を生きるためのホンモノの教育とは?大人もこどもも何を学ぶべきなのか?ねっこ教育が心豊かな家族のものさしをつくり、こどもの力を伸ばします!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

メンドクサイを楽しむ暮らし

東京行きのバスの中です。

あいかわらず腰が痛みますが、だいぶやわらいできた感じがします。


さて、高知に行ってきました!

こども包丁の打合せです。

山村留学だいだらぼっちのこどもたちがニーズを出し、日本最高峰の職人さんが作り上げていく。


今回の打合せでコンセプトの摺合せができましたので、次は試作品を使っていく段階です。

これもこどもたちに実際に使ってもらい、こども目線のものに仕上げていきたいと思います。



最近 考えていたことがあります。


不便、メンドクサイ、無駄なこと っていう世間でいうマイナスイメージ。


このマイナスなことが実はプラスになっていたことって何だったんだろうか?


私の考えがあります。


不便さ、メンドクササから得られるものは 「生きる肯定感」 なのではないか。



昔はこどもたちが家庭の仕事を任され、暮らしの柱を担ってた訳です。

だから、こども自身、自分が必要とされる感覚があったのだと思います。

つまり、生きる肯定感です。


今ではたくさんの便利なものが溢れ、こども自身がいなくても生活がまわります。

こどもが必要とされている暮らしがありません。


その結果、こども自身は生きる肯定感を失っていき、しまいには自分探しをしてしまいます。


自分を探さないといけない時代。


自分がそこにいるのに、探さないと見つけられない不幸。


こんなことって本当にユタカなのか?



便利でいい暮らしができるかもしれませんが、家庭の中に少しは不便さを残せないだろうか。

メンドクサイことを楽しむ暮らしをできないだろうか。


私はこども包丁はその入り口なのだと考えています。


こどもに包丁を持たせて、野菜を切らせたら時間がかかります。

しまいには手を切って大泣きします。メンドクサイんです。


さっさと終わらせてゆっくりしたいのが大人というもの。


しかし、手間暇かかってやるからこども自身も上手になりますし、こどものおかげで料理が完成します。

生きる肯定感を培い、手作りの楽しさを学べます。


ちなみに、うちのよいちは3歳から包丁を持っているので料理好き。

今ではご飯の手伝いは当然として、おつまみも作ってくれます。


親も楽させてもらっています(笑)


メンドクサイを楽しもう! 生きる肯定感が生まれる。


そんな価値観が新しい時代を生み出していくと思っています。


だーっ

| だーっの仕事 | 16:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

やらまい会 打合せ

本日は午前から 泰阜村の 「村づくりやらまい会」 の打合せがありました。

やっぱり希望を語り合う場は楽しいですね。しかも、前向きに何とかしようというココロザシがビシビシと伝わってきます。しかもみなさん動きますし。本気の場だから私も自分らしさを発揮できます。


ちなみに泰阜村のほうれんそうを食べたことがありますか?

冬場のほうれんそうは甘味を感じるんです。

この味に慣れると他のほうれんそうが大味に感じちゃうくらい。


なぜ おいしいのか?

①南アルプス天然の清流の水を栄養にしています。
②6500万年前の海底ミネラルが豊富な土で育てています。
③高地なので激しい寒暖の差があります。
④生産者さんが手間暇かけてねっこを育てる自生農法をやっています。


実はこんな理由があったんですね。

しかも泰阜の農家さんはココロザシが高いんです。


大量生産して大味になるくらいなら作らない。
野菜本来のうまみを引き出すために手間暇を惜しまない。
スーパーに並んで、他と同じ味だと思われるのがイヤ。


なんて頑固なんでしょう。


だから、こだわりのうまい野菜ができるんです。

うちのよいちは泰阜の野菜が大好きです。ホンモノの味を知っています。

ホンモノは成長の糧になります。いい経験させてもらっています。


私は泰阜の野菜を多くの人に食べてもらいたいと動いています。

グリーンウッド施設内にあるカフェで泰阜の野菜をふんだんに使った料理も出していきたいと考えています。


今回の打合せはパッケージデザインの最終確認でした。
おいしそうなパッケージになりましたよ。


泰阜に来れば あのおいしい野菜が買える! という場も作っていきたいと思います。


私が動く理由を書きます。

泰阜村の素朴な風土と風景がこどもたちの教育の場となっている。
日本の教育の原点は、地域の素朴で手間暇かかる不便な暮らしの中にあると考えている。
今を残していくために産業も活性化させていきたい。

こんな風に考えています。

僕の価値観の軸は 今の風景を壊すようなやり方はダメ。

活性化のために大きな工場を作るであったり、コンビニを作ったり、ということは良くありませんね。


泰阜を都会にしたらダメでしょう。魅力なくなるでしょう。

そんなことをやるから地域が疲弊していきます。

今の風土を残しながら次を創っていく。それが大切にしている軸です。


いつでもこどもたちが遊びまわれる自然があり、ココロの豊かさも残していく。しかも うまいものがいっぱい。

そんな場になって、日本の地域のモデルとなって世の中に問いかけていけばいいと思います。


だーっ

| だーっの仕事 | 15:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

一年間ありがとうございました!

一昨日 だいだらぼっちの一年間が終わりました。

この経験を人生でどのように生かしていくのか?

それはこどもたちの力を信じるしかありません。


すべての経験は必然なこと。それが根っこになるのですから。




スタッフは来年度に向けて準備に入りました。

事務的なことも休暇でカラダもココロもリフレッシュすることも必要なことです。


私も息子よいちの保育園卒園式が終了したら、大分の実家に帰ろうと思います。


そのためこのブログは4月から書かせていただこうと思います。

すみませんが何卒ご容赦ください。


それでは、これまで応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

これからもよろしくお願い致します。


だーっ

| だーっの仕事 | 17:11 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

若狭観光連盟 地域リーダー研修会の講師

若狭観光連盟さんにお呼ばれして、地域リーダー研修会の講師として行ってきました。

前日入りして宿泊したのですが、おいしい おいしい ふぐ料理をいただきました。

特においしかったのは七輪を使った やきふぐ。

やわらかい白身が香ばしく、香りだけで興奮してしまいました。
 

若狭に行かれる方はぜひ召し上がってくださいね。
若狭の民宿 かわはら 


大変 お世話になりましたので宣伝させていただきました(笑)


さて、今回は地域づくりのマーケティングを伝えてほしいということでした。


バラバラになっている地域がつながる強みを創出すること。

観光客となるお客様のニーズを探ること。

地域の方たちのニーズも探ること。


自然体験という武器で、どのようにできるのか という話もありました。


私からは、徹底的に話したことがあります。


お金を生み出すための自然体験教育ではなく、こどもの教育をその地域でどうできるのか?がココロザシでしょ。
ということ。


だからこそ地域の強みが発揮でき、地域の方の誇りが生まれ、こどもたちも心の底からあこがれる地域になります。


講師として一方的に話をするだけではなく、参加者のみなさんと議論できるワークショップもさせていただきました。


おかげさまで地域のことや、環境のことを本気で考えている方たちのニーズも見えてきました。


ミッションって なぜ 大切なの? どうやって作るの?

強みって どうやって分析するの?

ターゲットって 何を根拠に決めればいいの?


というような、具体的な方法論です。


みなさんが欲しいのは、その「やり方」なんですよね。


この点は私の得意分野。



なぜ私が得意分野なのか?


私は 教育とマーケティングって似ていると考えています。

こども一人ひとりの個性が違います。
その子の 良いところはなんだろうか? その子だからこそできることはなんだろうか? 

そもそもこども自身が何をしたい というニーズを持っているのか?

というように、一人ひとりの想いを話しながら聞いていくからです。


こども自身が気づいていない良い点が見えれば、こどもも自信となります。
認められることによってやる気も生まれます。


教育とビジネスが同じという訳ではなく、一人ひとりの個性のすばらしさを理解するという点では似ていると感じているのです。


そんなことを言っているやつは、あまりいないと思います。

そもそも、そんな仕事をしている方がいませんから。


さてさて、若狭のみなさまにもお伝えしたことは、そこに住む方たちが自己決定すること。

色々な地域に呼ばれ、話を聞くのは都会のコンサルさんのいう通りにやって失敗していること。


都会の視点で進めても、そこに住む人たちの考えがおよばないのでうまくいかない訳です。


だから、自分たちで情報を集めながらも、何とかしていく。そして自己決定する地域になれるよう、本当の思いを言い合える仲間を増やしていくことが必要です。

そのためには 違いを認め合い つながっていくこと。



先日の川から学ぶ体験活動推進協議会の全国フォーラムでも感じましたが、それぞれ地域が国を頼るのではなく、自分たちで生きていく道を探り出しているように思えます。


地域住民が主役の新しい社会になろうとしているのでしょうか。


だーっ

| だーっの仕事 | 16:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

聞き出す、引き出す 意見を融合させる

本日は朝から 村づくりやらまい会の戦略会議。


泰阜村の強みの表現方法。

実行するためのプラン作成。


大きなことにするのではなく、身の丈にあった 村民が主役の戦い方を構築していきます。


主役である住民が疲弊するようでは戦略ミス。

最初の段取りである戦略でミスをすると、取り戻すのに倍以上のパワーが必要になります。

だからこそ、時間をかけて、何人もの考えを融合させてカタチにしていく。


意見を出せる雰囲気をつくる度量の大きさが必要。


これまで、いくつかの地域づくりや組織づくりの講師として呼ばれていきましたが、元気があるところは活発な意見を戦わせています。主役となる人たちが積極的に参画できるシステムができている訳です。


やらまい会もそれぞれの立場で自由に意見交換。そこから希望が生まれていきます。


午前中はやらまい会の打合せで午後は明日からの東京出張の準備。


川をフィールドにした団体が集まるフォーラムで 分科会の講師をします。


そして、来週には福井若狭の観光連盟から自然体験のマーケティングの講演依頼があったのでその準備をしました。

私は元住宅営業なので、相手のねらい、達成したいことを把握しないと不安でしょうがないのです。


・なぜ、講演が必要なのか?
・何をねらいとして、次にはどんな動きを目指しているのか?
・私に何を期待しているのか?
・そもそも、何をしたいのか?その背景は?


このようなことを電話で相手方にヒアリング。

私から直接電話をして、根ほり葉ほりと聞きまくります。


明日は東京にバスで移動するので、その時までに頭を熟成させて内容を固めようと思います。


志ごとはココロザシを持つことですが、相手のことを想うことが必要。


相手の心 と書いて 「想う」


そこに志ごとを融合させて、希望を生み出していく。


足元の泰阜を 
他地域で頑張ろうとしている方たちを 想い 

私ができることで貢献していこうと思います。


だーっ

| だーっの仕事 | 17:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。