だーっの人間の土台をつくる ねっこ教育 ~ホンモノの教育を求めて~

豊かと思った未来は不安な未来の入り口でした。これからの時代を生きるためのホンモノの教育とは?大人もこどもも何を学ぶべきなのか?ねっこ教育が心豊かな家族のものさしをつくり、こどもの力を伸ばします!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

やけど

息子 よいち がチーズを温めていました。

彼の流行の食べ方のようです。


あ゛ーーー~ という大声が聞こえてきました。


どうやらとろけたチーズの温かさを確認するために手を突っ込んだようです。


や゛け゛ど し たーー


私の視点から言うと、すばらしいチャンス!!!


やけどの対処法を教えられます。

また、やけどの痛さや、どのような時にやけどをしやすいのかも体験したことになります。


いつも通り、いい経験やなあ~ と声をかけて、やけどの対処法を教えました。


痛みがとれるまで流水で冷やしています。


IMG_5198_convert_20111024153416.jpg


みてください この残念そうな顔。


IMG_5202_convert_20111024153535.jpg



晴れの日に芽が伸びて、雨の日に根が育つ。

彼は今、ねっこがのびているのです!マイナス体験から学べることは大きいのです。


流水で冷やすのも疲れたようなので、移動しながら冷やせる技も伝授。


IMG_5203_convert_20111024153632.jpg


ビニール袋に氷水を入れ冷やす方法です。


後はそのままにしていたら、氷水を入れ直したりと自分で考えて行動していました。


寝る頃には、すっかりと痛みを忘れた様子。


どうなればやけどしやすいのか?

やけどしたときにはどうすれば良いのか?


暮らしの中だから教えられることです。

あれダメ、これダメという状況では、やけどの機会も失われます。


こどもが主体的な生活をしているからこそ学べることがあります。


だーっ
スポンサーサイト

| だーっ家のねっこ教育 | 15:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://daanekko.blog.fc2.com/tb.php/90-64766643

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。