だーっの人間の土台をつくる ねっこ教育 ~ホンモノの教育を求めて~

豊かと思った未来は不安な未来の入り口でした。これからの時代を生きるためのホンモノの教育とは?大人もこどもも何を学ぶべきなのか?ねっこ教育が心豊かな家族のものさしをつくり、こどもの力を伸ばします!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

映像のプロフェッショナルたち

10日、11日とわたり撮影が入りました。

では、撮影の背景からお伝えします。


ねっこ教育を実践して26年、こどもの体験教育の成果が見えてきました。

山村留学だいだらぼっちでは、日常の中で刃物を扱います。
危険なことも理解して、上手になっていきました。

刃物を扱えるこどもたちは自信に満ち溢れます。料理もできます。イスやテーブルも作れます。生きることに直結している刃物は、こどもたちの生きる力となっていきました。

そんな暮らしをしていたこどもたちは、ココロに軸を持った大人になっていきました。


しかし、十数年前から刃物は危険なものとして認識されるようになりました。

こどもには刃物を触らせない。火を扱わせない。それが当たり前の価値観となりました。

いつしか、こどもたちは与えられたものでしか遊べないようになりました。



私は刃物を扱うことは生きる上で大切な経験の一つだと思うようになりました。


たくさんのお父さん、お母さんとお話をしました。

その中で見えてきたのは、実はニーズがあること。

・こどもが包丁を上手に使うようになると嬉しい。
・親子で料理を作りたい。
・家庭の中で体験学習ができたらいい。

このような意見が多いのです。


しかし、お父さん、お母さんの大きな不安も見つかりました。


刃物の扱い方、教え方、ケガした時の対処法に自信がない。ということでした。


ならば、不安を消すようなものを作ればいい。

そう考えて、動画を作ることにしました。しかし、どうやればいいのかわかりません。

東京の制作会社さんにお願いしてみました。

この仕事を理解してくださり協力してくれることになりました。


こうして一昨日、東京から来てくださり撮影が始まったのです。


IMG_3698_convert_20110912144324.jpg


泰阜村の猟師さんが先生となり、ナタの使い方をこどもに教えてくれます。それを映像化します!!!


IMG_3728_convert_20110912144120.jpg


泰阜村の林業をされている方が先生となり、オノの使い方をこどもに教えてくれます。


IMG_3768_convert_20110912173045.jpg


木曽で木工職人をされている方が先生となり、小刀の使い方をこどもに教えてくれます。テレビチャンピオン2位になった実力者です。


IMG_3787_convert_20110912173337.jpg


我らがスタッフの つー が包丁の砥ぎ方を教えてくれます。飲食店を経営していた料理人です。


そして、万が一、手に切り傷をつけた時に対処法を撮影しました。(写真がなくてすいません)

知っているようで知らない現在の医療ガイドライン。止血法などはタブーです。もっとも効果的な方法を伝授します。スタッフのみけ(小児版救命救急法のインストラクター)が教えてくれます。


そして来週はいよいよ東京に出ますよ!

スタジオに入り、包丁の使い方を撮影していきます。


これを見れば親子で料理する楽しみになってきます。

こどももやってみたいと思えるものになります。
お父さん、お母さんもこどもに包丁を持たせようと思えるようになります。


この動画をDVDにして、欲しい方にご提供できるようにしていきたいと思います。

楽しみにしておいてください!!!


完成は11月~12月でしょう!!!


だーっ
スポンサーサイト

| だーっの仕事 | 17:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

自分たちが子供の頃は当たり前だったお手伝い…

生業が材木屋だった事もあり、金槌、鋸、鉈や斧…

遊びといえば、材木を削って打ち付けて…ソリなんかも造ったりしましたっけ


体験こそ一番の教育なんでしょうね〜

こちらも徐々に進めています。

| タッキー | 2011/09/15 12:50 | URL |

Re: こんにちは

タッキーさま!

一昔前は学びの場がまわりにありました。
興味を持ったことができた時代だったと思います。

そう考えると豊かな時代ですよね~。

今はそのような場がないなら、家庭の中で作っちゃえばいいんです!

タッキーのおかげで箸づくりセットが生まれました。

木材だとまだまだ他の商品ができそうな気がします。

体験の場を増やしていきましょう!

また、行きますね~!


だーっ

| だーっ | 2011/09/15 15:25 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://daanekko.blog.fc2.com/tb.php/68-6fb6d4fe

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。