だーっの人間の土台をつくる ねっこ教育 ~ホンモノの教育を求めて~

豊かと思った未来は不安な未来の入り口でした。これからの時代を生きるためのホンモノの教育とは?大人もこどもも何を学ぶべきなのか?ねっこ教育が心豊かな家族のものさしをつくり、こどもの力を伸ばします!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

水辺のレスキュー ペットボトルでもOK!?

水辺のレスキューマスターインストラクターとしてお伝えしたいことがあります。


水辺で安全に遊ぶために、万が一のために何を準備すべきでしょうか?


本来ならば レスキュー用のロープがありますが、ご家庭で用意するのは難しいと思います。

これです↓↓↓

P1010024_convert_20110819115008.jpg


投げることができるロープです。私たちのようなプロは必ず常備し、しっかりと扱えるように訓練しています。


でも 手軽なものではないですよね。


いかに手軽なもので浮いていられるか? すなわち呼吸を確保できるものは?



例えばこれ


SANY1003_convert_20110819120854.jpg


発泡スチロールは浮力がありますので、持っているだけで浮きます。ふたはビート板みたいなものですね。



これは何かわかります?


SANY1004_convert_20110819120927.jpg


キャンプをされる方は身近なものですね。ロールマットです。大人一人は浮くんですよ。



次はクーラーです。中の水を抜けば十分浮きます。


SANY1005_convert_20110819121004.jpg


ご家族というよりも団体で行動している方ならばこのようなクーラーが用意されてあるかもしれませんね。


次はごみ袋です。袋の口を結べば水が入りません。このレベルになると沈める方が難しくなります。


SANY1007_convert_20110819121107.jpg


ちなみに ポテトチップス(未開封の袋)で試したことがありますが、「ポン」と見事に割れました。ですが多少の浮力がありますので、おかしの袋を何個か集めてビニール袋に入れるのも効果的になります。

ポテチはちゃんと食べましたよ。



次は最も身近なものかもしれません。ペットボトルです。


SANY1006_convert_20110819121039.jpg


2リットルのペットボトルを首の下に置くようにすれば頭から上の浮力を保てます。要は呼吸ができればよいのですから、頭の重さ分の浮力があれば良い訳です。そうは言っても、数個準備して袋にまとめて入れることをおススメします。


まだまだ他にもサッカーボール、寝袋なども使えます。


ただ、川岸から離れたところでおぼれているとこれらの道具は届きません。そんな場合はやはり最初にお伝えしたスローロープが良いでしょう。


水辺での危険の 70%は 「足をすべらせる」 ということが調査でわかってきました。


足をすべらせ深みにはまることを想定しておき上記の道具を用意していれば、対処できる可能性が上がります。



私はキャンプのこどもたちを川に連れて行きます。こどもたちには遊び方など説明しライフジャケットを着けさせるので安全に遊べますが、怖いのは家族連れで川遊びに来ている方たち。


私はそのような方たちを何度もレスキューしたことがあります。


こどもが流れているのを発見しレスキュー。お父さんが流されだしてレスキュー。
大きな事故にならなかったので良かったのですが、もう少し気を付けてほしいと切に願います。


川遊びは楽しいですが危険もあります。十分な準備をして楽しみましょう!


だーっ
スポンサーサイト

| だーっの仕事 | 12:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://daanekko.blog.fc2.com/tb.php/52-4785977b

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。