だーっの人間の土台をつくる ねっこ教育 ~ホンモノの教育を求めて~

豊かと思った未来は不安な未来の入り口でした。これからの時代を生きるためのホンモノの教育とは?大人もこどもも何を学ぶべきなのか?ねっこ教育が心豊かな家族のものさしをつくり、こどもの力を伸ばします!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

キャンプの様子 & 自然体験を経験したこどもは年収が高い!?

IMG_2800_convert_20110807145919.jpg


今日は あつい あつい・・・  おまけに昨晩の雨で蒸しています。


じと~~~ という感じの泰阜村です。


こんな日は 川遊び 日和!!

ということで ベーシックコース、チャレンジコースの様子を見てきました。


つめた~い! 気持ちいい!!という声が聞こえる中、私も水着で行けば良かったと後悔しながら写真を撮りました。



IMG_2780_convert_20110807150044.jpg



こちらはサワガニを見つけたようです!


他にもオタマジャクシ、かえる、バッタを捕まえるこどもたちがいました。


少し堅い話になりますが、独立行政法人国立青少年教育振興機構の調査によれば、こどもの頃に自然体験などさまざまな体験を積んだ者ほど、学歴や年収が高いということが明らかになりました。
これはこどものころの自然体験などが生き方や考え方に大きな影響を及ぼしている見方ができます。

また別の調査では、「意欲・関心」が高いと見られるこどもたちのうち、小学校低学年のころに友達とよく遊んだこどもは37.8%、あまり遊ばなかったこどもは」18.4%で、自然、友達、地域の大人たちなどと触れ合った体験が多い者ほど「意欲・関心」「自尊感情」「人間関係能力」が高いということです。

小さい頃から体験を積ませることがこどもたちの成長にプラスになるのは間違いないようですね。

年収で人の価値など量れませんが、意欲が高いというのは納得です。


山賊キャンプのこどもたち、たくさん遊んでねっこを伸ばせ!


~ねっこの学び~

自然体験や他人と触れ合うことの必要性がデータで出ています。ポイントはこどもの頃の体験ということ。こどものためを思うのならば幼少期から自然体験をさせていきましょう!


だーっ
スポンサーサイト

| 中級のねっこ教育 山賊キャンプ | 16:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://daanekko.blog.fc2.com/tb.php/46-36f33528

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。