だーっの人間の土台をつくる ねっこ教育 ~ホンモノの教育を求めて~

豊かと思った未来は不安な未来の入り口でした。これからの時代を生きるためのホンモノの教育とは?大人もこどもも何を学ぶべきなのか?ねっこ教育が心豊かな家族のものさしをつくり、こどもの力を伸ばします!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

だいだらOG(24年前) たなとの対談

IMG_2739_convert_20110806161715.jpg


暮らしの学校だいだらぼっちのOGの「たな」が娘さん「みいちゃん」を連れて里帰り&お手伝いに来てくれました。

たなが参加したのは、今から24年前です。まだみんなで母屋を建てている頃でした。

たなの仕事は木の皮むき。一日3本がノルマで、その日にやれなかったら土日に残りをやらなければなりませんでした。そんなしんどい作業を繰り返し、母屋が建ち、その精神は今につながっています。


たなに昔のだいだらぼっちについて聞いてみました。


だーっ:だいだらの時の思い出は?


たな:常に話合いだね。しかも結論がでない。多数決では決めなくてみんなが納得するまでやっていたな~。


だーっ:結論がでなくても良かったの?


たな:結論が出なくても人と向き合って意見を言うことが常にあったの。他人の気持ちを考える場になっていたね。大家族で暮らしていたので、自分の意見だけを言ってもまとまらないし、自然に深く考えるようになっていった。結論というより、みんなと向き合うっていうのが大切だと思うようになったね。大家族なのでへこたれないようになるだろうね。
でも、あまりにもディープな関係になるので、都会に帰ってもそれを求めてしまう。信頼できる人間関係を作りたいと思うようになる。高校、大学の時にその壁にぶつかるかもしれないね。今では、本音で話せる人間関係を形成していけているけどね。


だーっ:こどもがいるけど、子育てで気を付けている点はある?


たな:パートナーとの価値観にもよるけど、私は自然の大切さ、食べ物のことなど伝えたいな。自分で物事を考えられることを大切にしたいな。


だーっ:たなの今の仕事(人生カウンセラーのような仕事)をしていて、社会ではどんな人が増えてきている?


たな:シンデレラ症候群やロマンス症候群というのが多いかな。自分がしっかりしていなくて、他者に委ねる人。自分に自信がなくて、精神的に大人になりきれていないね。


だーっ:なぜそうなるのかな?


たな:主体性がない。親にこういう風にしなさいと言って育っている。ものごとに関して深く考えていないの。だから依存症になりがち。


だーっ:どういう体験が必要なのかな?


たな:他人と向き合うこと、そうして自分と向き合うこと。他にも、思春期を超えた年齢で何かをやり切ることが大切。満足して次に向かっていけるように。結果の良しあしではなくて、自分のエネルギーを出して心で納得するかどうか。言ってみれば、人生の中での試験で、できたかどうかではなくて、そこから何を学んで何を得たのかということだね。


だーっ:他には?


たな:自分の価値が見いだせない人も多いね。


だーっ:それは社会が問題の一つなの?


たな:それもあるけど、親と子の中で認められていない。親がこどもを認めていないということ。初期の段階でそれをクリアさせられていない。こどもに安心感を与えていないね。


だーっ:なるほど、そういうのはあるね。親の中でも自分の価値観を変えるという言わばイノベーションの力があれば自分を見つめ直し変えていけるけど、自分を変える気がない人も多いよね。私は私って言うよね。


たな:自分の生活レベル、価値観を変えない人が多くなっている。保守的になって、外の価値を受け入れる勇気がないな。例えば、だいだらは地域の人にふれあう、異文化、他地域の仲間とふれあう。色々な人と話し外の価値の良さを知る。今の社会は、小さなコミュニティがあるけど、似た様な地域の中で、似た様な仲間が集まっているだけ。


だーっ:どうしたら変える力(イノベーション力)を身に付けることができるのかな?


たな:まずは色々な人と話し合って、他人を認めること。自分の意見を通してもその場では過ごしていけないよね。外を知っていれば、変えようと思わなくてもより良い方に進むよね。


だーっ:そうだよね~、親自身も自分はこのままでいいのかな?って思っているかもしれないね。大人も体験が必要だね。だいだらの卒業生に言いたいことは?


たな:だいだらを卒業して、その時にすぐに効果が出なくてもいいの。すぐに効果がでるものではないよね。


だーっ:人の課題って、必要な時に現れるからね。人生のどこのポイントで今までの体験がつながるかはわからない。その課題を解決するために、今たくさんの経験を踏んでおかないといけないよね。


たな:そうそう、乗り切れない課題はない。課題が見えた時に真剣に向き合ってクリアさせないとまた同じ課題にぶつかる。そうなると課題を解決するのがよりしんどくなるからね。


だーっ:さすが人生のカウンセラー、話をしているだけで学びのポイントがたくさんありました。ありがとうございます!



だいだらOGのたなと話をして感じたことがあります。


人生の達人と言いますか、人生を自分の力で切り拓き今を楽しんで生きています。気ままな雰囲気が心地よいのです。さらに押さえるところは押さえています。たなはだいだらから「なるようになるさ」を学んだといいます。こうならなければいけない、こどもはこうすべきだという型をつくって生きていくのか、現状を受け入れながら、なるようになるさと言いながらも課題を解決する力を身に付けるのか、どちらが人間らしく生きていけるのでしょうか。



みいちゃん(たなの娘さん)がそうさくといっしょに遊んでくれました。

縺ソ繝シ縺。繧・s縲€縺昴≧縺輔¥_convert_20110806153714


すぐに仲良しになりましたが、他人や異文化とふれることが大切なのですね!


だーっ
スポンサーサイト

| 最上級のねっこ教育 暮らしの学校だいだらぼっち | 16:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://daanekko.blog.fc2.com/tb.php/45-ad62a3ed

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。