だーっの人間の土台をつくる ねっこ教育 ~ホンモノの教育を求めて~

豊かと思った未来は不安な未来の入り口でした。これからの時代を生きるためのホンモノの教育とは?大人もこどもも何を学ぶべきなのか?ねっこ教育が心豊かな家族のものさしをつくり、こどもの力を伸ばします!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

試行錯誤が本当のチカラになる

山賊キャンプでこどもたちを見ていると、元気のいい子、おとなしい子、一歩譲る子などたくさんのタイプがいます。

族もタイプに分かれることがあるんです。

片づけが丁寧で早い族があったり、なかなか片づけが終わらない族があったり。


片づけが早く終わると遊ぶ時間を生み出せるのですが、うまくいっている族は「先を見越した考え方」をしている場合が多いです。

こどもたちの中で、次は〇〇をするために、今〇〇をしようと声掛けを行っています。

つまり、先を見て逆算している訳です。


片づけや料理に時間がかかりすぎる族は「先のこと」が頭にありません。

次は何するんだっけ?と聞いても、「う~ん なんだったっけ?」となります。



こどもたちはこんなことを繰り返しながら、うまくいく方法を答えを探し続けます。

うまくいってもまたうまくいかなくなることもしばしば。


そのような段階を経て先を見越した行動が少しずつ身についていきます。


体験から学ぶということは自分たちで試行錯誤して気づいていくということ。


すぐに答えがわかるのではなくて、自分で見つけ出すことで本当のチカラになっていきます。



だーっ
スポンサーサイト

| 中級のねっこ教育 山賊キャンプ | 18:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://daanekko.blog.fc2.com/tb.php/174-12de3445

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。