だーっの人間の土台をつくる ねっこ教育 ~ホンモノの教育を求めて~

豊かと思った未来は不安な未来の入り口でした。これからの時代を生きるためのホンモノの教育とは?大人もこどもも何を学ぶべきなのか?ねっこ教育が心豊かな家族のものさしをつくり、こどもの力を伸ばします!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

こどもらしくいれる場所

「いま なんじ??」


キャンプ場にいくと必ず聞く言葉。


「おやじ」 とおやじギャグをかますわたし。


こどもたちと接すると毎日時間に縛られている感じを受けます。


おけいこ、塾と忙しい日々を送るこどもたち。



「く~らくなった か~えろ~」 も一昔前の言葉かもしれませんね。



山賊キャンプ場には時計がありません。


たまには時間を気にせず生活してもいいですよね。


時間を忘れるくらいココロとカラダを開放できればいいですね。


どろんこになり、必死になって遊ぶ姿を見ていると 「こどもってもんだ」 と思います。


こどもたちは 「もっともっと遊ばせてくれ~」 って訴えてきます。


それがこども本来の姿。



「いま なんじ???」から

「やばい もうすぐ暗くなる」と言葉が変わるこどもたち。



時計がないと五感を研ぎ澄ますものなんです。



一年に一回ぐらい 時間を気にせず 過ごさせてあげたい。



ココロとカラダの開放が 自分らしさを発見し、本当の自分の好きなことを見つけられるから。



開放できずに過ごすと、自分がわからない大人になります。



こどもらしくいれる場所っていうのは こどもにとって必要な場所なんです。



だーっ
スポンサーサイト

| 中級のねっこ教育 山賊キャンプ | 17:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://daanekko.blog.fc2.com/tb.php/172-e437feb5

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。