だーっの人間の土台をつくる ねっこ教育 ~ホンモノの教育を求めて~

豊かと思った未来は不安な未来の入り口でした。これからの時代を生きるためのホンモノの教育とは?大人もこどもも何を学ぶべきなのか?ねっこ教育が心豊かな家族のものさしをつくり、こどもの力を伸ばします!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

正義はどこにあるのか?

本日の朝ミーティング後の3分スピーチは私でした。

グリーンウッドでは朝ミーティング後に3分スピーチをする慣わしがあるんです。

今年は「新聞を読んで思ったこと」がテーマでございます。


私がスピーチした内容は、中日新聞に掲載されていた保育事故の再発防止についてです。


毎年、全国で十数人のこどもが保育園での事故で命を落としています。

行政の対応、動きの遅さにより事故の検証などが疎かであり、しまいには「現場は適切だった」の一点張り。

これは責任を負うことから逃れるための言い方です。


事故当事者の保護者の方が何度も出向き、聞き取りをした結果、実は保育士がこどもから目を離していた可能性もでてきたとのこと。


同じような事故を起こさないためには、なぜ起きたのか?どのような体制だったのか?などを検証して生かすことです。


民間だと徹底的に調査されますが、行政の陰にある保育園ではその市町村の考え方で対応は変わるのです。


これが今の現状。

だから行政の陰にある保育園等の情報開示義務も必要だ という内容でした。



私が思うに、 正義はどこにあるのか? ということ。




原因がわかるから対策を考えられます。


その原因から目を背けようとすることに正義があるのか?


なんのための行政なのか?なんのための保育園なのか?


住民の安全、安心を作るための行政のはずです。

ならば、再発防止のために謙虚に学び、それを生かす姿勢を示すべきではないでしょうか。


それができないシステムがあるとのこと。たとえば個人情報保護法など。


だったらどうすればいいのかを考えていきましょうよ。システムのせいにするのではなく、システムを変えようとする動きをとりましょうよ。


本質から目をそらし、保守的な考えのところに正義はないでしょう。



事故でなくなったこどものご両親の想いは、責任追及ではなく再発防止だった。


明らかにご両親は立ち向かった。


私はご両親を応援したい。



だーっ

スポンサーサイト

| だーっのモノサシ | 12:20 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

もう薄くなってきていますが、息子のまぶたから耳の方にかけて枝で引っかいた傷があります。
保育所で出来た傷です。

保育所いわく「鬼ごっこの注意事項として、入ってはいけない場所として伝えていましたが、入ってしまい、枝で引っかいてしまいました。」とのこと。

たった五歳の子どもが、「はなし」として聞いただけで、本当に大丈夫と思っていたならば、プロとしてどうなんだ??
と思いました。
紐などは危ないにしても、コーンを立てるなりの対策をなぜしなかったのか?
息子に発達障碍があるから出来ないわけではなく、どう考えても、五歳の子どもの能力を過大評価しているように思えました。(もしくは保育士の怠慢。)

私は「集団生活の中で場合によっては怪我をしてしまうのは仕方がないと思います。ですが今回の件は一歩間違えば、失明です。枝を切ってしまえばいいかもしれませんが、それでは子どもの「危険認識能力」が育ちません。
なので、コーンを立てるなどの対策をしていただけないでしょうか?」
とお願いしました。が、その後、されている感じはありませんでした。
相変わらず、先生同士で話しているなんてのは、日常茶飯事でした。

命を預かる仕事であり、人格に影響する仕事であると、今一度、保育士としての自覚を持って欲しいと願います。

が、預けている時は言い方が悪いですが「人質」を取られているようなものなので、
なかなか強くは出られないのもあるんですよね・・・。
命を云々の部分は、当時の私には伝えられませんでした。
本当は、言うべきだったのかも知れませんが・・・。

| ぶろ | 2012/05/09 19:43 | URL | >> EDIT

ぶろ!

まぶたから耳までのケガって結構なものですね。
これは心配になりますね。

保育の考え方も、それぞれあるんだと思います。

ものすごいプロ意識で活動されている方もいらっしゃいますし、人それぞれなんでしょうね。

以前、小学校の通学路でケガしたこどもがいました。その問題点を学校側が改善しました。それから毎日校長先生が立ちこどもたちを見守っていました。

真摯な向き合い方、その行動に感激しました。

私はみんながみんな、そのような行動は難しいと思っています。

視点を変えれば、見守ればこどもの危険認識能力が低くなるとも言われてしまいます。

人それぞれ、どこに座っているかでモノの見え方は違います。

だからこそ、自分はどう考えているんだというモノサシが必要で、いろんなモノサシがあるから気づきをもらい学べるのだと思います。

そうすると自分たちが心がけることは「謙虚さ」。

色んな見方があることを理解した上で、学び合って変えようする考え方を持つべきなのかなって。

今回の新聞記事も、ぶろの保育園側の「謙虚さ」が見えてくれば再発防止のための動きをとれたはずだと思うんです。

改めて謙虚な姿勢というのを私自身も振り返らなくてはいけないと思いました。

まだまだ人のことなど言えませんが、新聞記事やぶろのコメントのおかげで学びが深まりました。

ありがとう。

だーっ

| だーっ | 2012/05/10 11:04 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://daanekko.blog.fc2.com/tb.php/153-5991c504

TRACKBACK

まとめtyaiました【正義はどこにあるのか?】

本日の朝ミーティング後の3分スピーチは私でした。グリーンウッドでは朝ミーティング後に3分スピーチをする慣わしがあるんです。今年は「新聞を読んで思ったこと」がテーマでござい

| まとめwoネタ速neo | 2012/05/09 13:03 |

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。