だーっの人間の土台をつくる ねっこ教育 ~ホンモノの教育を求めて~

豊かと思った未来は不安な未来の入り口でした。これからの時代を生きるためのホンモノの教育とは?大人もこどもも何を学ぶべきなのか?ねっこ教育が心豊かな家族のものさしをつくり、こどもの力を伸ばします!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

体験のチカラ

昨日、「体験」のチカラ を実感しました。


長男よいちは毎日の宿題を楽しみにしています。変な奴です。

僕にはない感情です。親子は別人格ですね。



さて、宿題と言えば、私は、宿題をしなくて先生にビンタをされていたのを思い出します。

毎日ビンタされるのが嫌でした。

宿題をすればいいだけの話なんですが、やっていかない。それがわたし。

ある時、どうやったらビンタが痛くなくなるか?というのを自分で実験しました。

すごい技を発見したのです!!!!

秘技ほっぺクッション!!!


ほっぺに空気をためクッションにする技をあみ出しました。

そしてビンタを受け流す練習をしたのです。


いよいよやってきました。決戦の日です。

授業の時、「またかっ!?前に来なさい」と先生に呼ばれました。


私は自信満々に前に行き、秘技ほっぺクッションをやろうと待ち構えました。


すーーーっと先生の腕がビンタを繰り出す姿勢に入りました!



今だ!!!


秘技 ほっぺクッション!!!


見事ほっぺにビンタがさく裂。


「ぶっ」


先生の腕のあまりの速さついていけず、クッションどころではありませんでした。

おならのような音が口から出てきて、クラス中が大うけ状態!!!


「なにふざけてんの!」と先生からダブルビンタ!!!



痛みよりもウケたことに喜びながら席に戻ったのを覚えています。


今となっては素直に宿題をすればよかったと思えます。先生いつも怒らせてごめんね。


話は大幅にそれました。すみません。


なんでしたっけ?


ほっぺクッション?


いやいや 「体験」のチカラですね。



長男よいちの宿題に、文字を書いたり線をなぞったりするエンピツの練習がありました。そのプリントは絵に色を塗るのもあります。


絵は タコ。イルカ、フェリー。


どこにでもあるイラスト。


よいちは タコの色はなんだっけ?と言って、昔の写真を見始めました。

普通なら赤を塗るのだと思いますが、あれはひと煮立ちした色。

つまり、「煮られたタコはただのタコ」(紅の豚風)

ということで、ほんとうの色を出したくて調べているのです。


私は大分の海で素潜りしてタコをとって、よいちとその場で食べたことがあります。その時の写真がありました。

タコの色は海の状況によっても変化しますが、その写真を見ながら、複雑な色を重ね塗りして出そうとしていました。


次はイルカ。


さすがに野生のイルカは見たことがありませんが、水族館で見たことがあります。ちょうど次男そうさくが動物図鑑を見ており、イルカを発見。

この色だ~!と言って、複雑な色を重ね塗り。イルカって動物なんだ~という発見も。


次はフェリー。

大分の実家に帰る時に四国愛媛の三崎港から大分の佐賀関までフェリーを使って帰ります。

そのフェリーを再現したくて、おかあちゃんに四国のフェリーをインターネットで見せてと懇願しています。


そこまでせんでいいやん というのが大人の考えだったのですが、書きたい気持ちを尊重してあげて写真を見せました。


よいちは塗り絵で 国道九四フェリー を再現しました。


「へぇ~ほんとうはこうなんだ~」と言いながら、次々と発見していくのです。


おもしろいもんですね。


よいち自身の体験が塗り絵に結びつきました。体験が興味関心を生み出し宿題に拡がっています。


勉強というのは、 「教えられる」 という受け身ではありません。

自分から主体的に学ぼうとするチカラが 「学ぶ」 ということであり勉強。


こどもに体験をさせることは 「自主的に学ぼうとするチカラ」を身に付けさせることでもあるんですね。



「体験」のチカラ あなどれません。


だーっ
スポンサーサイト

| だーっ家のねっこ教育 | 14:05 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

| 出張のマナー | 2012/05/06 11:18 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://daanekko.blog.fc2.com/tb.php/146-2d8a84e2

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。