だーっの人間の土台をつくる ねっこ教育 ~ホンモノの教育を求めて~

豊かと思った未来は不安な未来の入り口でした。これからの時代を生きるためのホンモノの教育とは?大人もこどもも何を学ぶべきなのか?ねっこ教育が心豊かな家族のものさしをつくり、こどもの力を伸ばします!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

自分のモノサシ

明日は長男よいちの小学校入学式です。

時が経つのは早いですね。


このペースで次は中学校に入学するのでしょう。


さて、この数年間、幼児の教育概念がすばらしく情報多過であることがよくわかりました。

・天才に育てるために、〇〇の教育法
・今から英語を・・・
・隣の子はやっている。小学校前にはひらがなカタカナマスターしよう!

などなど


しかも、どこにも登録していないのに自宅には幼児教育のDMが送られてきます。

どこからうちの情報が流れているのでしょうか。大企業は莫大な費用を持っているんですね。


親は知らず知らずのうちに様々な情報が頭に入り、こどもの成長レベルが不安となる状況に陥る可能性があると感じました。

これはこわいですね~。ただでさえ子育てに不安なのにそこを煽られる状況。しかも無料で送られてくるから読んでしまう(笑)

多くの親御さんは安心するために、こどものためだと思うようにして、その教材を購買してしまうのだろうと思いました。

教材そのものが悪い訳ではありませんよ。私はすばらしい教材だと思っていますが、気になる点は 親のモノサシの中で選び取っているのか?ということ。


よくわからないから・・・

周りの人もやっているから・・・

自分が安心するために・・・


そんな判断をするクセが親についてしまうと、それが青年になるまで続くのだろうと思うのです。


自分のモノサシ(価値観)なきところでこどもの教育を外注していけば、きっとその後も流行りの教育概念に振り回されるのだと思います。


いやあ、ほんとたくさんあるんですよ。 教育の考え方って。 


それは とても豊かな状況なんですが、テレビなどのマスコミの力が強くて一面側しか見えないんです。


振り回されるのはこどもたち。


そうならないために、親がモノサシを持つことが大事です。


・こどもには何が大切なのかな? 
・どんな大人になってほしいのかな?


考えることで自分のモノサシも生まれてきます。親が話し合ってもいいですね。


そして、同じ年代の親御さん、異年齢の親御さんなどと話せるとコミュニティがあればなおさら良いです。

不安もアドバイスも同じ目線で話せるので、自分自身が安心しますしね。


泰阜は不便で何もないと言われます。

しかし、先日 保育園の卒園式の後 親同士と保育園の先生が集まり みんなで慰労会をやりました。メチャクチャ飲みまくり。

そこで親御さん同士で色んな話ができました。


小さい村だからこそできるコミュニティ。

不便のおかげで大切なものが守られていますね。


こんな時代だからこそ、

自分のモノサシを持ちましょう。
モノサシを点検するために、たくさんの人と交流しましょう。


自分も楽しくなるし、子育ても楽しくなります!



だーっ

スポンサーサイト

| だーっのモノサシ | 18:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://daanekko.blog.fc2.com/tb.php/142-c6a68d82

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。