だーっの人間の土台をつくる ねっこ教育 ~ホンモノの教育を求めて~

豊かと思った未来は不安な未来の入り口でした。これからの時代を生きるためのホンモノの教育とは?大人もこどもも何を学ぶべきなのか?ねっこ教育が心豊かな家族のものさしをつくり、こどもの力を伸ばします!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

家庭教育のデータから学ぶ

暮らしから学ぶ ねっこ教育を普及するために、家庭教育に関するデータを集めています。

子育て層がどのような状況であるのか?

何に困っていて、どうあってほしいのか?


日本にはあって海外にないものは?

日本にはなくて海外にあるものは?

私たちがこれからどのような教育観を持つべきなのか?


グリーンウッドの まつこ は調査・研究のプロフェッショナルです。

まつこに手伝ってもらいながら私も勉強させてもらっています。


先日まつこからおもしろいデータが届きました!


こどもとは何か?という問いに


日本、韓国、タイ、アメリカ、フランス、スウェーデンが答えています。



いくつかの選択肢から答えてもらい、その割合で見ていっています。

・こどもを育てるのはたのしい
・こどもは家族の結びつきを強める
・こどもを育てるにはお金がかかる
・こどもは老後の精神的な支えになる
・こどもは老後の経済的な支えになる



では 韓国の考えは?

① 82.1%で家族の結びつきを強める でした。


タイは?

① 83.7%で家族の結びつきを強める でした。

アメリカは?

① 93.9%で育てるにはお金がかかる でした。

フランスは?

① 60.0%で育てるのは楽しい でした。

スウェーデンは?

① 79.5%で家族の結びつきを強める でした。


では では 気になる日本は?

① 74%で家族の結びつきを強める でした。


アメリカはえらい後ろ向きな答えですね~。


しかしながら、細かいデータを参考にしていくと、スウェーデン以外の国は85%以上の人たちがこどもを育てるのにお金がかかると考えているとのことです。

 
スウェーデンは福祉の国です。その背景があるのでしょう。


まあ、お金についてはとりあえず置いといて・・・。


日本の こどもは家族の結びつきを強める という答え。

この考えはとてもすばらしいことですね!


自分も子育てしながら思うこと、「こどもが親を成長させてくれている」 ということ。


家族のキズナもこどもが与えてくれています。


家族のキズナがあれば地域のキズナに拡がり、地域のキズナが国のキズナになっていきます。


こどもを通して、私たち社会も成長させてもらっているかもしれませんね。


と考えた時には、こどもを大切に見守る社会も必要かなと思いました。


こどもが王様になってはいけません。私が言いたいのは、こどもを叱り、こどもを地域で育てる社会です。


こどもから学び、地域から学び、社会から学びあう。


「謙虚さ」を持てるのは、日本の教育の強みだと思います。


先日のテレビで、日本は世界が憧れる地域である という内容が放送されていました。


ルールを守り、相手を敬う風土。


その部分が、世界のトップであり、日本の教育のすばらしい点かもしれません。


今ある 日本のすばらしい教育力を分析してみたいですね。


私はきっとまだ地域が生きているのだと思います。そして、多くの方がこどもを大切にして育て学びあっています。


その力をより伸ばすために何ができるのかを考えていきたいと思いました。



家族旅行と言いますが、「家族で暮らしから学ぶ体験旅行」はどうかな?


手作りの暮らしを体験して、それぞれの家庭でもやれるように準備していきたい。


そして、家族でいれる幸せを感じていく風景をつくっていきたい。


まだまだデータを見ながら色々と勉強していこうと思います。


そうそう、うちのお母ちゃんが 先日 佐藤家 土鍋を作っていました。

私はインフルでできませんでしたが、それもいつまでも語れる思い出。

この土鍋作った時 お父ちゃんはインフルだったよね~。

ハプニングがあるから面白いエピソードが生まれます。


そんなことが体験できる 暮らしから学ぶ体験旅行を来年度はやってみようと思います。


これからも家庭教育に関するデータから学ばせてもらい、みなさんのご家族の楽しみに結びつけていきます!


だーっ
スポンサーサイト

| だーっの仕事 | 16:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://daanekko.blog.fc2.com/tb.php/135-fa07e5ac

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。