だーっの人間の土台をつくる ねっこ教育 ~ホンモノの教育を求めて~

豊かと思った未来は不安な未来の入り口でした。これからの時代を生きるためのホンモノの教育とは?大人もこどもも何を学ぶべきなのか?ねっこ教育が心豊かな家族のものさしをつくり、こどもの力を伸ばします!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

明日 包丁づくりワークショップ

明日は有限会社トヨクニの濱口誠さんがだいだらぼっちにいらっしゃいます。

高知の伝統ある四代続く鍛冶屋さんです。

だいだらのこどもたちと包丁に関するワークショップを行い、こどもたちの視点から作られた包丁を開発します。

その様子を取材するためにテレビ局と新聞社が来てくれるようです。


一昨年の12月に高知に行き濱口さんにお願いしたことがようやく実り始めました。

私が楽しみにしているのはこどもたちの包丁に対する意見は当然として、濱口さんの刃物に対するココロザシをこどもたちが触れることです。

ホンモノの仕事をしている方たちと出会っていくこと。

これもホンモノ体験。

私は自然から学ぶ体験も大事ですが、人から学ぶ体験も同じように重要だと考えています。


いま 必要なのは ココロザシを持っている大人に触れていくこと。


それがこどものたちに大人の背中を見せることだと思います。


ココロザシを持っていれば、うまくいかない苦しみにぶつかります。
もがきながらも一生懸命に生きていきます。

そんな人間の素の姿。


いま 必要なのは 一生懸命に生きる大人たち。


濱口さんの生き様と新たなチャレンジをする姿はこどもたちにどう写るのでしょうか。


だーっ
スポンサーサイト

| 最上級のねっこ教育 暮らしの学校だいだらぼっち | 19:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://daanekko.blog.fc2.com/tb.php/125-374f3525

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。