だーっの人間の土台をつくる ねっこ教育 ~ホンモノの教育を求めて~

豊かと思った未来は不安な未来の入り口でした。これからの時代を生きるためのホンモノの教育とは?大人もこどもも何を学ぶべきなのか?ねっこ教育が心豊かな家族のものさしをつくり、こどもの力を伸ばします!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

祝賀会スピーチでの魂の言葉②

今回も祝賀会のスピーチでの魂の言葉をお伝えしていきます。


「いつも 『会いたい』 という手紙が送られてきました。」


だいだらぼっち11,12,13年目に参加された がっくんのお母様、まゆさんのスピーチです。


送られてくる手紙に書かれている言葉。

お母さんに会いたい・・・


こどもから 会いたい と書かれた手紙を読むたびに、涙があふれました。

今すぐにも会いに行きたい。

息子も頑張っているから、自分も息子を信じて頑張らなくては。。


その想いを語ってくれました。


思わず私も涙ぐんでしまいました。


私は思います。がっくんはその信じ抜く想いを土壌にして、ねっこを伸ばしていったのだと。


がっくんは就職の面接の際に、特技を 薪割り と言ったそうです。

そして、就職が決まりました。


今でもだいだらぼっちでは、薪割りと言えば・・・がっくん という名前が出るほどです。

がっくんは だいだらぼっちで培ったことを就職にも生かし、志ゴトを頑張っています。


そして、まゆさんは 最後にこう言いました。


だいだらぼっちは「学ぼう、気づこう、変わろう」という場だった・・・。今でもブレナイことがすばらしい



前向きな積極的な場だということです。そして一貫して大切にしていることを持っていること。


一貫性があるから人は信じることができます。ここなら大丈夫だと信じれるようになります。


また、学ぼうとする姿勢、気づこうとする姿勢、変わろうとする積極的な姿勢というのは 失敗を恐れていない場とも言えます。

だいだらぼっちには 失敗を恐れずに前を向いていく場の力があるということ。


そのことを肝に銘じてこれからの教育活動も一貫させる大切さを教えてもらいました。


会いたいという気持ちをおさえ、それでもこどもを信じ、だいだらぼっちを信じた まゆさんのスピーチ。


私だけではなく、他のスタッフも涙を流していました。


感動しました。ありがとうございました。




また次回にも魂の言葉ついてお伝えします。

だーっ
スポンサーサイト

| 最上級のねっこ教育 暮らしの学校だいだらぼっち | 11:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://daanekko.blog.fc2.com/tb.php/118-0f15e7db

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。