だーっの人間の土台をつくる ねっこ教育 ~ホンモノの教育を求めて~

豊かと思った未来は不安な未来の入り口でした。これからの時代を生きるためのホンモノの教育とは?大人もこどもも何を学ぶべきなのか?ねっこ教育が心豊かな家族のものさしをつくり、こどもの力を伸ばします!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

行動は尊重しよう



教育の大きな目標は、知識を増やすことではなく、行動することを学ぶことだ。



(ハーバート・スペンサー)



19世紀のイギリスの哲学者の言葉です。


今より100年以上前の言葉。


今の時代は 知識を増やす教育はさらに発展しているのではないでしょうか。


私は知識は人生を豊かにしてくれると考えています。

それは日本や海外に旅に出て、あまりにも知らないことが多いことに気が付いたからです。やはり、知識があればあるほどたくさんの方とも話ができますし、誰かを助けることもできます。

私たちは知識がないことで、愚かな判断をしてしまいますし・・・。

だからこそ、学校の勉強というのは本当に大事だと思います。


スペンサーさんの言葉から最も私が感じたことは、何のための知識なのか?ということ。


何のために学ぶのか?

それは行動するために学ぶのではないか?


知識を得て頭でっかちになっても行動しなければ何も変わりません。


だとすると、行動を教えるためにはどうすればいいのでしょうか?


私はこどもたちと自然体験をしてきましたが、基本、こどもたちは行動しまくります。

積極的ではない性格のこどももいますが、やりたいことは地味にやっています(笑)



行動する力というのは本能なのではないかと感じるのです。


こどもたちの話を聞いていると、行動すると怒られる という感覚の方が大きいような・・・。


どうも今の社会では行動するとおかしいという風潮はありそうですね。



今後、批判家ばかりが増え、何も行動せずに変われないような人材が増えていくことに危機感を覚えます。


こどもが自分で考え、行動しようとすれば、善悪ではなくまずは行動しようとしたことを認めてあげようと思います。

もしその行動に邪心があれば、とことん怒ろうと思います。


だーっ

スポンサーサイト

| だーっのモノサシ | 18:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://daanekko.blog.fc2.com/tb.php/116-eb65cfd7

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。