だーっの人間の土台をつくる ねっこ教育 ~ホンモノの教育を求めて~

豊かと思った未来は不安な未来の入り口でした。これからの時代を生きるためのホンモノの教育とは?大人もこどもも何を学ぶべきなのか?ねっこ教育が心豊かな家族のものさしをつくり、こどもの力を伸ばします!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

こどもの人生は誰のものか?

「早くやりなさい!」

ついつい言ってしまうこの言葉。

私がこどもの頃、よく言われていました。

その都度、「いまやろうと思っちょったのに、やる気でんごとなったわ(やる気がなくなった)」と言い訳をしていました。


いまになって親の気持ちがよくわかります。

今のうちにしっかりとしつけておかないとこの子の人生が大変になる と思うのです。


たくさんのこどもたちの体験教育に関わらせていただき、そうなのかな?と思うようになりました。


本来、こどもたちに身に付けてほしい力は、自分自身で考えて、自分でできるようになること。


なのに・・・、大人はついつい あれやれ これやれ と言ってしまう訳です。


なにか矛盾していませんか?


言ってやらせるということは、指示を出して、そのようにさせるということ。


先日も新聞に出ていましたが、社会人になっても「指示待ちの若者」が多いということ。


もしかして、そう育てたのは 私たち大人 ではないでしょうか。


だとすると、大人はどうすべきなのでしょうかね。


私はまずは 心構え だと思います。

「こどもの人生はこどもが決めていくものだ」ということをココロに留めておく。


とすれば、早くしなくて失敗するのはこども自身です。

そこに成長のねっこの部分があると考えます。


うちのよいちには、僕はあまり声掛けはしません。

あえてやったとしても、自分自身のことに言い換えます。


例えば、歯磨きをしておきたい時には、

「おっ、今のうちに歯磨きしておこう。お父ちゃんは先に歯磨きしてると後が楽なんだよな~。歯をすっきりさせて、くつろいでそのまま寝ると気持ちいいからな~」

と自分自身の行動を言葉にします。

そしてこどもの前で実践するのです。


他にも、よいちがやるべき仕事(保育園の荷物チェック)などでは、

「バタバタしてると忘れものが出てくるから、先にやっておいた方がいいかもね。自分で考えてやったらいいよ」

と指示ではなく思っていることを言葉にして、やるべきことの責任をよいちに持たせます。


するとよいちは自分で考えて、自分のタイミングでやっています。

自分のタイミングでやってみて、失敗すればいいのです。忘れ物をしてもいいのです。

なぜならば、彼が自分で考えて自分で判断した結果がでたのだから。


何度も繰り返しますが、こどもになってほしい姿は、自分のことを自分で判断して生きていくこと。


だから、指示を出さずに、自分で動けるような環境にするということ。それが大事だと思います。


ある程度、放っておくことも大切です。

でも放ったらかしにし過ぎると、ネグレクト問題(育児、こども放棄)になりかねません。


こどもが困った時には 支えてあげる 気持ちを持って、家族の温かい雰囲気があればいいのだと思います。


そうは言っても・・・難しいですよね。


こどもにどうなってもらいたいのか?

その原点から考えておかないと行動には結びつきません。


こどもの人生はこどもが作っていく。


このことは忘れずにしておきたいものです。


だーっ
スポンサーサイト

| だーっのモノサシ | 17:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

本当にいつも学びになります。「あーなるほど」って毎回頷きながらブログ見てます。
高校の時からだーっが子どもと接する場面を見てきた私は特に、文と情景がリンクできるので本当に幸せ者です。

適度な声掛けってでも本当に難しいですよね。
なぜだーっはいつもナイスタイミングで適切に的をついた声掛けができるのですか?私は私自身に掛けてくれる言葉が毎回、ありがたいと感じるタイミングで言ってもらっている気がします。

| オーガイ | 2011/12/20 19:18 | URL |

オーガイ!

そうやね~、いっしょにキャンプしてきたもんね。
よいちとやりとりも想像できるでしょ(笑)

オーガイは僕を美化しすぎ(笑)
そんな適切にできている訳でもないし、何か特別なことをやっている訳でもありません。

いつでも自然体。
自分の言葉で、自分らしくいれること。

何か言うタイミングというのもはっきり言って「直感」だし。

僕を鍛えてくれたのは、だいだらであり、グリーンウッドの事業であり、グリーンウッドを創ってきた方たちだよ。

それだけははっきりしてるね。

自分らしくやればいいのだと思う。

僕のブログが学びになっていると言ってくれ嬉しいです。

だーっ

| だーっ | 2011/12/20 19:48 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://daanekko.blog.fc2.com/tb.php/111-d80b15b2

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。