だーっの人間の土台をつくる ねっこ教育 ~ホンモノの教育を求めて~

豊かと思った未来は不安な未来の入り口でした。これからの時代を生きるためのホンモノの教育とは?大人もこどもも何を学ぶべきなのか?ねっこ教育が心豊かな家族のものさしをつくり、こどもの力を伸ばします!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

よいち包丁研ぎに初挑戦!

IMG_1105_convert_20111213161448.jpg


ある魚屋さんで新潟産「イナダ」(ブリの幼魚)が198円で売られていました。

他の方たちは魚屋さんにさばいてもらっていましたが、佐藤家はもちろんそのまま購入。


さばいて食べたいのです。


よいちがさばき始めました。


IMG_1108_convert_20111213161631.jpg


うまくさばけません。やはり難しいようです。

何度も失敗して上手になるもの。

イナダのよいところはブリカマやブリ大根など他の料理にもなります。

上手にさばけなくてもフォローできるのです。

なんて素敵なお魚さんなのでしょう!


私が包丁を見てみると、あれれ~? 砥げていません。

家には3本の包丁があるのですが、どれも砥げていないのです。


早速、砥いでいるとよいちもやりたいとのこと。


一本やらせることにしました。


IMG_5803_convert_20111213161734.jpg


角度も定まらず、うまくいかないもんです。

あーだ、こーだと理論を説明してもわからないこともあるので、まずはやらせました。

私は、写真を撮った後はテレビを見ていました。


このように集中している時は 放っておくのが一番!


できたかな~ と確認してきたので、紙を切ってみることにしました。


IMG_5809_convert_20111213161917.jpg


おお! まじで!!

砥げています。

紙がキレイに スパー と切れるのです。


保育園児でもできるもんなんだな~と思いながら、イナダの切り身をつくってもらうことにしました。


IMG_5817_convert_20111213162011.jpg


今夜のご飯は、イナダのしゃぶしゃぶ鍋です!!!!

薄く切って、盛り付けておいてね。


IMG_5822_convert_20111213162106.jpg


どこで覚えてくるのか わからないのですが、いっちょまえに盛り付けています。

よいちに聞くと テレビで出ている料理を見て、今度やってみよ~と思うのだそうです。


いっただっきま~す!!


今回もいつものように食べだすと止まらないので写真を撮ることを忘れてしまいました。


お魚も切り身で売っているのは楽チンですが、こんなに学びになる時間が失われているのはもったいないですね。


手間暇かけることが楽しい!!

暮らしの中には身近な学びがたくさん転がっています。


だーっ
スポンサーサイト

| だーっ家のねっこ教育 | 16:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なんでもやってみると、よいちゃんの様にテレビ一つも見方が変わってより豊かになるんですね!
いやぁー毎度おいしそう!

P.S.最近保育園にいく機会が多々あるのですが、最近の子どもは本当に大きいですね!
よいちゃんも大きい!
あ、でも初めて会った時は生まれたばっかりだった(笑)

| オーガイ | 2011/12/14 15:53 | URL |

オーガイ!

いろいろなチャレンジを応援するのは大切なことやね。

最近は早期幼児教育が盛んなようで、小さい頃から英語教室などもあるよう。

悪い訳ではないけど、バランスが必要かな。。

本来ならば体験を土台にして頭も使えばいいかな~って考えているよ。

でも、いろいろな意見があるからね。

オーガイもよいちが赤ちゃんの頃から知っているもんね。

言ってみれば、その前からやね!

月日が経つのは早いもんだ!

| だーっ | 2011/12/14 17:32 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://daanekko.blog.fc2.com/tb.php/108-27ccf9ca

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。