だーっの人間の土台をつくる ねっこ教育 ~ホンモノの教育を求めて~

豊かと思った未来は不安な未来の入り口でした。これからの時代を生きるためのホンモノの教育とは?大人もこどもも何を学ぶべきなのか?ねっこ教育が心豊かな家族のものさしをつくり、こどもの力を伸ばします!

<< PREV | PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

自己紹介

こんにちは! 佐藤陽平 と申します。

キャンプネームは だーっ です。

キャンプネームとは、こどもキャンプをする際に使うニックネームのことです。


「なんで だーっ って言うの?」 と思いますよね?


ではその説明からします。

だーっの由来は、もともと格闘技が好きで 1、2、3、ダーッ からなんです。


最初は だーっ って呼びづらいかもしれませんが、
みなさん以外と だーっさん と気軽に呼んでくれますので、この名前は気に入っています!


私は8年前よりNPO法人グリーンウッド自然体験教育センターにて自然体験教育の仕事をしています。今は現場に出るよりも経営、広報戦略構築、マーケティング・マネジメントを担当。講演やマスコミ出演、また株式会社の経営にも携わり商品開発や自然体験事業によるコンサルタントの仕事もしています。アジアの平和を目指したNPOにも携わっています。


なぜこんな仕事をしているのか? それは自分の体験からです。


・山・川・海がある大分県にて出生。幼少期から自然の中で遊ぶことが大好き!
⇒ 自然が大好きとなる!!

・小、中学、高校 住宅街で過ごし、部活動 野球、塾、たまにテレビゲームの日々 
⇒ 自然に触れたい思いが蓄積されていく! 

・偏差値36なのに大学受験に挑戦。見事失敗、浪人となる。
⇒ 1日14時間猛勉強!脳みそが鍛えられ、考えることが日常化

・広島修道大学へ入学 探検部へ ラフティング(激流くだり)、洞窟探検活動 
⇒ チャレンジ精神爆発!

・ニュージーランドへ3ヶ月の語学研修 ホームステイ 
⇒ 言葉以外でコミュニケーションがとれることを知る!

・海外一人旅(タイ、カンボジア、インド、ネパール) 
⇒ 出会い、別れ、人生の楽しさ、人はみな同じことを学ぶ!

・世界初のチャレンジ!サポートで参画したが失敗(ロシア間宮海峡、厳冬期による自転車横断) 
⇒ マイナス30度 自然の脅威、命の尊さを学ぶ!

・住友林業株式会社入社 
⇒ 仕事の考え方を学び、将来の道を決定付けてくれた!

・1年後 退社 フリーターとなるが、自然遊び活動再会 
⇒ 強みを磨く時間となる!

・ラフティング(激流下り)の大会、ダウンリバー部門で優勝 
⇒ 目標を達成させる楽しさを知る!

・NPO法人グリーンウッド自然体験教育センター 研修職員となる 
⇒ いよいよ自然体験業界へ

・同法人 事務局長となる

・同法人 常務理事となる

・NPO法人こどもたちのアジア連合 理事となる

・株式会社グリーンウッド 代表取締役専務となる

・現在


これまでにとった資格

・メディックファーストエイド(MFA) 救命救急法インストラクター
・レスキュー3 テクニシャン1
・RAC 水辺のレスキューマスターインストラクター (現在日本で8人)
・CONE(自然体験活動推進協議会)トレーナー
・RAC(川に学ぶ体験活動協議会)トレーナー


主に、自然体験活動の安全な場をつくるためのスキルです!



そうそう、
なぜ大手企業を辞めて、この仕事をするようになったのか?を説明していませんでした。


それは私のカンボジアでの体験がキーワードとなっています。


私がカンボジアを訪れた時は、ちょうどクーデターの直後でした。
夜は銃声が鳴り響いたのを今でも覚えています。
平和な社会に慣れた私にとって、それは恐ろしい体験でした。


私はカンボジアの歴史についても、自分の目で見て学びました。
地雷、虐殺の場、銃・・・、こどもが大人を殺めた時代があったことも。



昔のカンボジア、ポルポト派はこどもたちに「恐ろしい教育」をしたとのことです。



私はそこで 「教育」 とは どんなに恐いことなのか?
教育によって、人はどんな風にもなり得ることを知ったのです。


日本に帰国する際に、日本の新聞を読みました。
そこには、こどもの自殺、凶悪な事件などが載っていました。




私は日本の教育に疑問を持ちました。




この国はこどもたちをどうしたいのか?


私は、こどもたちに、画一的な教育をするのではなく、色々な体験から学ぶシステムが必要だと考えるようになりました。

土を触り、虫をとり、野菜を育て食べる。人とケンカになることもある。けがをすることもある。楽しいことも苦しいことも、嬉しいことも、悲しいことも、体験するから価値観となっていく。どんなことでもホンモノ体験が重要だ。



私は体験から学んできました。だから今があります。



どんな時代でも生きていく、時代をつくっていく、軸を持った大人になっていくために人間の土台をつくる ねっこ教育を推進していきたいと考えるようになりました。


歴史から学び、平和な世をつくるため。グローバルと言う名のお金に振り回されない生き方ができるように。自然を敬い、環境についても考えられ、幸せな家庭を築いていくこと。それが、持続可能な未来づくりにつながっていくのだと考えています。




このブログで、



人間の本当の豊かさとは? 

子育てに必要な考えとは? 

家族のあり方とは? 




こどもの教育のヒントを提供できればいいなと考えています。


どうぞ、相談したいこと、思ったことなどお気軽にご連絡ください。
これからもよろしくお願い致します!


だーっ

  
スポンサーサイト

| だーっのモノサシ | 20:18 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/02/28 17:52 | |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://daanekko.blog.fc2.com/tb.php/1-154e319a

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。