だーっの人間の土台をつくる ねっこ教育 ~ホンモノの教育を求めて~

豊かと思った未来は不安な未来の入り口でした。これからの時代を生きるためのホンモノの教育とは?大人もこどもも何を学ぶべきなのか?ねっこ教育が心豊かな家族のものさしをつくり、こどもの力を伸ばします!

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

鍛造教室

s-400IMG_8214 ブログ


高知の4代続く鍛冶屋トヨクニの濱口誠さんが鍛造教室を開いてくれました!


こんな経験は滅多にできませんので、前日からワクワクして眠れませんでした(笑)


今回は鍛造の簡易版ということで、小刀を作ります。


鋼を熱するための「炭」は地元の木材を炭焼きして作ったもの。
う~ん、やはり自然の恵みを活用させてもらい、一つのモノが出来上がるんですね。


s-400IMG_8169.jpg


熱したものを たたいてたたいてたたいてたたいて 強くします。刃物を鍛えるとはこのことなんですね。


s-400IMG_8243 ブログ


何度も繰り返し、細くしていきます。

この色を見るだけで大人もこどもも大興奮!!!! すげー すげーの言葉しかでません。



s-400IMG_8310.jpg


うちの次男坊もお仕事があります。

炭を細かく砕くこと。

「小さいこどもはできない」と思考停止するのではなく、できることを見つけていく。それが大事。



そしていよいよ 命を吹き込む 「焼き入れ」 の時間。 

緊張感が高まります!!!!!!!!!!!!!!!


s-400IMG_8283 ブログ


すごい迫力!!!!!!!!!!!!!

バチバチと音が鳴り、モノに命が宿っていきます。火が生き物となり鋼を覚醒させていく!!!


s-400IMG_8297 ブログ


最後に熱し、80度~100度のお湯に入れます。→これは鋼の種類によって違うそうです。

お湯の中でも色が変わりません。それだけ熱いということ。

そして五右衛門風呂のたき口にある灰に入れ、ゆっくりと冷ましていきます。


休憩して、濱口さんが砥ぎ方も教えてくれました。

s-400IMG_8322.jpg


見ているとウズウズとしだす周りの人たち。

自分もやってみたくてしょうがいない状態に陥ります(笑)


s-400IMG_8344 ブログ


なんということでしょう!

砥ぐと立派な小刀になりました!

柄の部分は耐久性が高いロープです。万が一の時にはほどき救急用のロープにもなります。

鞘(さや)も手作り!

ちなみにこれは 工房 草來舎 のぎっくの作品です!


メチャクチャ切れます。これで木工もできます。



今回実感したのは、濱口さんの背中の影響力です。


濱口さんのたたずまいを見て、将来は鍛冶師になりたいと言う子もいました。


濱口さんは背中でこどもたちの希望を生み出したのです。


私は今のこどもたちに必要なのは大人の背中だと思っています。

たくさんの人と出会い、仕事を通した背中を見て、なりたい自分を夢見ていく。

そんな教育が必要だと思うのです。


今回の企画でより私の考えは確信に変わりました。


暮らしに必要な道具を作る職人さん。


日本の宝であり、すばらしい教育者です!


だーっ
スポンサーサイト

| だーっのモノサシ | 12:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

叱られるこどもたち

山賊キャンプのお手伝いをしました。


すると 「コラッ!」 と叱られるこどもたちがいました。


きちんと大人から見守られているこどもたち。
私はこどもにとって必要な場だと考えています。




最近は「叱られた経験がない」というような青年もいます。
そんな青年は「叱る人は悪者である」と責任転嫁をするそうです。


自分は悪くない、相手が悪い・・・・。
反省をしないので 自らを振り返らない。成長がとまっているのです。


叱られて、反省をして、同じ失敗を繰り返さないようにする。
これが当たり前のようで、今の時代は当たり前ではないのです。


電車の中でお年寄りが若者を叱ったら、お年寄りが暴行されたという事件もあります。
こんなことが起これば、誰も叱らない世の中になるでしょう。



今は見て見ぬふりの無関心こそ安全に過ごせる社会。これでいいんですかね?



あなたのために という愛があるから 叱ることができるのに。


理不尽な怒りはもっての他ですが、叱ってくれてありがとうと思える子に育てたいものですね。


だーっ

| だーっのモノサシ | 17:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

親の「言葉」子知らず

親子関係というのは 友達でも子弟でもありません。「親子」なんです。


親子だからの関係があるんです。


例えば、「親が言っても聞かないが、他人から言われれば聞く」という現象。


こどもにとって親の言葉は 空気 みたいなもの。

「はい はい」 と受け流す。


これはこどもの自己防衛力(笑)


うまくコントロールしているのです。
こどもにも感情があり、自分のペースや考えがあります。

つまり、常に言うことを聞いている状態は緊張関係が生まれていることになります。
これは不自然な親子関係なのかもしれませんね。


親がこどもに伝えたいことが「伝わる瞬間」があります。


それは、親と同じことを「他人」が言う時です。


こどもは親の言うことを聞き流しながら、なんとなく頭には入っています。


他人から同じことを言われることで 「合致」 します。
おとうちゃん、おかあちゃんの言っていたことは本当だったと気づいていくのです。


ですので、うちの子は言うことを聞かない、ダメだと思わなくても大丈夫。

いつか必要な時に必ず「気づく」と信じぬくことが大切なのです。


親だけではこどもは育てられない。

地域であり、コミュニティが こどもを育てます。


だーっ

| だーっのモノサシ | 13:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

たくましく育てよ

私はこどもの頃、しょっちゅう大人から怒られていました。


山に入ってタケノコをとる・・・。
ビワの木があれば登って食べる・・・。
鳥の巣を見つけ、タマゴやヒナを持って帰る・・・。


駄菓子屋でお菓子を食べたいけど お金がない。
池からザリガニをとってきて、駄菓子屋のおばあちゃんに売ってもらい、そのお金でお菓子を買う。
こづかい稼ぎをこどもの時からやっていました。お菓子を食べるために自分でシステムを考えました。


今では とんでもないこどもとして言われるでしょうが、当時はとにかく遊び感覚で楽しかった。


今思えば、そのこども時代から学んだことは私の軸になっています。


先日、ある弁護士さんとお酒を飲みましたが、興味深い話を聞きました。
こどもの頃に遊びまくっている子は大人になってから強いということ。


こどもの時だからできる失敗があります。こどもの時だからできるチャレンジがあります。
思いっきり自然の中で大冒険させましょう。
きっとたくましく育つでしょう。


だーっ

| だーっのモノサシ | 13:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

地域の役は土壌づくり

一昨日 村の公民館支部長会議


昨日  村の田本地区厚生部会議


今日  小学校厚生部会議



地域の役 3連ちゃんです。



消防団だとこの時期は毎日訓練です。



村の方と顔を合わせ、コミュニケーションをとっていく。



一見 めんどくさいことですが このような つながり が地域力と変わっていきます。


こどもたちのねっこを伸ばすために、大人は土壌をつくっていく。


地域の役も大切な土壌づくりです。


だーっ

| だーっのモノサシ | 17:16 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。